クラフトビールを飲んでみたい、海外のおすすめビール4選

海外のクラフトビールに挑戦

by Unsplash

日本のクラフトビールはある程度飲み尽くして、次は海外のクラフトビールを飲んでみたいという方

クラフトビールどうこうって話ではなく、とりあえず海外のビール飲んでみたいという方

海外のクラフトビールに興味はあるがどんなビールを買えばいいか分からないという人に向けた記事です。

おすすめの探し方

味覚や好みも人それぞれ異なり「おすすめ」と言っても難しいもので、なにを根拠におすすめしたらいいか悩みました。

クラフトビールと言えば様々なスタイルも魅力のひとつかと思いますので、そのスタイル毎に特徴がわかるビールをチョイスできたらなと考えてみました。

今回対象とするスタイルについて

クラフトビールには様々なスタイルが存在しますが、とりあえずメジャーなスタイルがいいかなと思い、以下の4つのスタイルでまとめていこうと思います。

  • IPA
  • ラガー
  • アンバーエール
  • スタウト

IPA

IPAのおすすめは「PUNK IPA」です。パンクIPAはスコットランドのブリュードッグというブルワリーのビールです。ブリュードッグはクラフトビールブームの火付け役として有名で、とりあえずブリュードッグのビール飲んでたらいいでしょと言う感じがします。

ラガー

ラガービールのおすすめは「BROOKLYN LAGER」です。ブルックリンラガーはアメリカのブルックリンブルワリーのビールです。ブルックリンブルワリーと言えばブルックリンラガー、緑のラベルが印象的で1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

アンバーエール

アンバーエールのおすすめは「Day of the Dead」です。デイオブザデッドはメキシコのブルワリーのビールです。アンバーエールならではの琥珀色のビールが体験できると思います。

スタウト

スタウトのおすすめは「MURPHY’S IRISH STOUT」です。マーフィーズ・アイリッシュ・スタウトはアイルランドのマーフィーズブルワリーのビールです。スタウトならではの真っ黒な色合い、コクのある味わいが楽しめると思います。

クラフトビールの楽しいところ

以上がおすすめビールになります。

とりあえず4つのスタイルを抑えてたらクラフトビールを少し語れるようになるかと思います。

「IPAはホップの香りが特徴で~」「ラガーはさっぱりした味わいが特徴で~」など、ちょっとしたうんちくを語るのもクラフトビールのひとつの楽しみ方かなと思います。

一緒に飲む人がいたらその人に、お一人なら独り言でもいいので「このビールは〜」なんて言いながら飲んでみるとより美味しくなるかもです。おすすめですのでぜひぜひ挑戦してはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました