Switchback Brewing

Switchback Brewing

スイッチバックブルーイングは2002年にバーモント州バーリントンにビルチェリー、ジェフネイブルによって設立された醸造所です。

ビール

スイッチバックブルーイングのビールは全て発酵の時に発生する炭酸を使用してます。後から炭酸を追加すると言うこともなく、天然の炭酸にこだわってます。

SWITCHBACK ALE

スイッチバックエールはアルコール度数5.0%、IBU28で、5種類のモルトを使用したビールです。ホップについてはなにを使用してるかの記載はありませんでした。

CONNECTOR IPA

コネクターIPAはアルコール度数6.2%、IBU65でスイッチバックでは初のIPAとのことです。モザイクホップとセンテニアルホップを使用しており柑橘系の香りが特徴です。ドライホップにシトラホップを使用してます。

CITRA-PILS KELLER BIER

シトラピルスケラービアはアルコール度数5.1%、IBU36で名前の通りシトラホップを使用したラガービールです。シトラホップの柑橘系な香りとラガー製法によるコクのある味わいが混ざった感じでしょうか。飲んでみないと想像できません。

まとめ

天然の炭酸にこだわりを持ってる醸造所。ビールと共にサーバーの持ち手部分も販売してそう。他の醸造所も販売してるのでしょうか。飾りとしても良さそうです。

リンク集

ホームページ

Twitter

Instagram

Facebook

基本情報

醸造所名: Switchback Brewing

読み方: スイッチバックブルーイング

所在地:バーモント州バーリントン

設立:2002年

創業者:ビルチェリー、ジェフネイブル

タイトルとURLをコピーしました