LEFT HAND BREWING

LEFT HAND BREWING

レフトハンドブルーイングは1990年12月に創業者のディック・ドーレが弟からクリスマスプレゼントされた自家用の醸造キットを使ってビールを製造したことが始まりです。
その後、共同創設者エリック・ウォレスと出会った1993年8月にコロラド州で本格的に事業を始めました。
名前はコロラド州にいたネイティブアメリカンの部族のChief Niwot(左手という意味)に由来してるそうで、創業者が左利きだからという理由ではないようです。

見学ツアー

ツアーの際には予約は必要なく、テイスティングルームでビールを試飲することができます。団体での見学ツアーやイベントなどを行っており、その際には予約が必要になります。

ビール

nitro(ニトロ)と記載されたラベルが多いです。シリーズ化されていて力を入れてる商品でしょうか。
ビールに炭酸を含める際にCO2を入れるのが一般的ですが、このニトロでは窒素を入れているみたいです。その方が滑らかでクリーミーな味わいに仕上がるとのこと。窒素って食べれるんですね。
クリーミーなビールと言えば日本でも馴染みのあるギネスなんかも窒素を入れてます。ギネスの場合は二酸化炭素と窒素の割合が7:3とのことです。

リンク集

ホームページ
http://lefthandbrewing.com/

Twitter
http://twitter.com/lefthandbrewing

Instagram
http://instagram.com/lefthandbrewing

Facebook
http://www.facebook.com/LeftHandBrewing

RSS
http://lefthandbrewing.com/blog/feed/

タイトルとURLをコピーしました